旅行先でお金が足りず

キャッシングをしたいと思った時には、カードを発行してキャッシング出来るカードローンが便利です。私も旅行先でお金が足りなくなったので、窓口でカードを発行してカードローンを組んだ事があります。審査にあまり時間がかからないという事もそうですし、何よりも発行した即日から融資してくれるというのがポイントだと思います。

気軽にキャッシング出来るカードローンでは、便利な傍らで少し気をつけなければならない事が存在します。今回は、キャッシングの便利な点と気をつけておきたい事を詳しく紹介していきたいと思います。

きっかけは旅行先でお金がなくなった事でした

私は一人で旅行する事が好きで、学生の頃に一人旅をしていたことがあります。場所は様々で、国内がメインでしたがたまに海外旅行をする事もありました。

いつも通り一人旅のプランを立てて旅行をしようと思っていましたが、旅費がかなりギリギリで何かのお金を削らないと旅行を楽しめないという状況に追いやられてしまったのです。さすがに、ホテル代等を削る訳にもいかなかったので、自由に使えるお金を削ってから改めてプランを立てるようになりました。

最終的に確定したプランで旅行に行ったのは良かったのですが、案の定お金が足りなくなってしまい、困っていました。ホテル代や交通費等はとっていましたが、それを自由に使えるお金に充当してしまうと、次は家に帰れなくなるという問題が発生してしまうので、さすがにそれは避けたいところでした。それでも、旅行を楽しみたいと思っていた結果、キャッシングをする事になったのです。

東京という事もあって、様々な消費者金融がありましたが、その中でも即日カードを発行出来る消費者金融を選んで10万円キャッシングしてしまったのです。最初はキャッシングについて罪悪感がありましたが、最初の30日間であれば金利手数料が無料という事もあって、すぐに返済すればいいやという気持ちでキャッシングをしたので、不安になる事はありませんでした。

キャッシングの魅力に取り憑かれてしまい繰り返し行うはめに

旅行先でキャッシングをした時に、カードを発行したので、窓口やATMに行けばいつでもキャッシング出来るという環境を作ってしまいました。最初は、本当にお金が足りなくなった時だけに借りようと思っていました。また、当時は正社員としてそこそこの給料をもらっていたので、別に多くキャッシングをしてしまっても、返済をすればいいやという感覚でキャッシングを繰り返し行ってしまったのです。そこで、自分の金銭感覚は麻痺してしまい、返済出来る当てがないのにキャッシングをしてしまいました。

例えば、何か欲しい物があったとして、手元にお金がなく貯金もないという状態で、生活費に手を出してしまうと生活が出来なくなってしまいます。そういう時に、キャッシングをして商品を購入する訳ですが、これが問題でした。キャッシングをしても、返済すれば良いと思っていましたが、返済にお金を回してしまうと、手元にお金が殆ど残らないという状況になってしまったのです。

返済計画を立てて、月々に3万円返すという契約を結んで返済していっても、繰り返しキャッシングを行っていたので、元金は増え続けるままでした。結果として、私に残ったのは40万円の借金でした。この借金を返済するにも、金銭感覚が麻痺しているのですぐにキャッシングをしてしまい、借金地獄から抜け出せずにいたのです。

キャッシングは計画的に行おう!

キャッシングは、手元にお金がないという時に簡単に借り入れられるという事もあって、非常に便利だと思っています。私の場合は、旅行先でお金がなくなった時にキャッシングをして助かったことがきっかけでキャッシングにはまってしまった訳ですが、はまってしまうのはよくありません。

私は、返す当てがないのにキャッシングをしてしまい、滞納する事はなく月々返済は続けていた物の、元金を減らす事が中々出来ませんでした。元金を減らすためには、キャッシングを辞めて返済だけに絞るしかありませんでした。結果私が行ったのは、カードローンで発行したカードをハサミで切って使えないようにし、返済だけを行う事にしたのです。ここまで無理矢理しないと金銭感覚が麻痺しているので、カードが手元にあれば必ずキャッシングをすると分かっていたからです。

そこで私が言えるのは、キャッシングは計画的に行った方が良いという事でしょう。例えば、何か欲しい物があったとして、その商品の額の全額をキャッシングで補うのではなく、自分の経済力からどれくらいの借金までが自分にとって無理なく返済できる額なのかを調べてからキャッシングを行うべきです。

私も今では、全ての借金を支払い終えた段階ですが、キャッシングをする時は前の二の舞を踏みたくないので、全て計算して計画を立ててからキャッシングするようにしています。