就活でカードローンを利用しました

毎日の急なイベントによって、急にまとまったお金が必要になるときってありますよね。家族や友人など自分の周りにいる人たちを頼るという方法も一つの手段かもしれませんが、状況によってはそう簡単にいかない場合も多いことでしょう。そんなときに活用したいものがあります。それは即日融資の「カードローン」です。

かくいう私も大学時代にカードローンを利用した経験があります。学生といえど、まとまったお金が必要になる場面もありますよね。私の場合は就職活動の場面でした。就職活動において宿泊費や交通費等で数十万単位のお金が必要になったため、カードローンを利用することにしたのです。

私がどのようにしてカードローンを利用したのか、また利用することによって感じたメリット・デメリットについて今回ご紹介したいと思います。

カードローンのきっかけは就職活動による多額の出費

私が初めてカードローンを利用したのは一人暮らしをしていた大学生の頃です。カードローンを利用する前の私は、カードローンが一体どのようなものかも理解していませんでした。つまり、カードローンとは全く縁遠い生活を送っていたのです。

しかし、そのような穏便な大学生活を送っていた私にも、ついにカードローンを利用するときが訪れました。就職活動において多額の出費が重なり、アルバイトでこつこつと貯めていた貯金がなくなってしまったのです。

私が就職活動を行っていた時期というのは、世間で言われる就職氷河期真っ只中です。優秀な学生であってもなかなか就職先が決まらないという、学生にとっては災難な時期に就職活動を行っていました。そんな私も例外ではなく、就職難で中々内定をもらうことができませんでした。

私は関東方面への就職を希望していたため、地方から関東へと何回も足を運ぶ必要がありました。インターンシップ、企業説明会、面接等で数多くの場所を訪れる必要があったので、交通費や宿泊費、食費などに多額のお金を使わなければなりません。実際に私は大学の就職活動において、40万円近くを使ったと記憶しています。この金額は学生にとって大金ではないでしょうか。

そのような多額の出費によって、どうしようもなくなったとき私の頭に浮かんだのが「カードローン」という言葉です。手っ取り早くお金を借りるには、親兄弟や友人に頼るのが一番ではないかという考えが思い浮かびましたが、家が裕福ではないという状況、そしてお金を借りることで親しい人達との関係性の悪化を心配した私は、カードローンで多額の出費に対応しようと考えました。

学生がカードローンを利用できる条件とは?

カードローンを利用するにあたり、私がまず心配だったのが学生でもお金を借りることができるのかということです。カードローン利用前はそればかりが頭を支配していましたが、実際には簡単に審査に通ったことを覚えています。

一般的に学生がカードローンを利用するには、年齢が20歳以上であること、アルバイトなどである程度まとまった収入を得ていることなどの条件がありますが、私はその条件を満たしていたため、融資可能と判断されたようです。利用者数の増加を見込むカードローン会社は、学生でもOKとしているところも多いですので、学生だからといって利用をためらう必要はありません。

しかし、学生は社会人と比較した場合に、やはり安定した収入が見込めないため、審査に通りにくいという現状があります。逆に言えば、ある程度安定した収入を得ている学生は、カードローンの審査にすんなりと通りやすいということです。私もアルバイトをいくつか掛け持ちしており、月々に安定した収入を得ていました。そのため審査もすぐにパスできたのだと思います。それでは、「安定した収入」があるとは一体どのような経済状況でしょうか。

安定した収入がある=月々に一定の収入を得ていること、そして継続年数が長いということです。勤続年数が長く、なおかつ月々に一定の収入を得ているならば、学生であっても返済能力があるとみなされるようです。返済能力の有無が最大の審査基準になってくるため、長期的なアルバイトをしていることは欠かせない条件ではないでしょうか。

学生専用カードローンという選択肢もあります

そして学生専用のカードローンという商品も存在しているため、そのカードローンを利用するという方法も考えられます。こちらのカードローンであれば、18歳からでも利用できる場合がありますし、一般的なカードローンと比較して収入のラインが低めに設定されています。借りやすさでいえば、学生専用カードローンに分があると言えるでしょう。大手のキャッシング審査に通らない場合には、学生専用キャッシングを利用してはいかがでしょうか。

しかし一方で、毎月の返済額が少ないというメリットでありつつ、デメリットの部分があることは否定できません。毎月の返済額が少ないことは、つまり元金をすぐには減らすことが出来ないということです。

返済が長期化した場合には、金利が低くともトータルで支払う利息は高くなってしまうかもしれません。結局のところカードローンはあくまでも「借金」なのです。借りたものは当然返済の義務があります。

アルバイトのみの収入しかない学生にとって、カードローンを利用することは大きな負担を背負うということです。返済が長期化した場合には、精神的な負担も多きくなってしまいます。そのため、カードローンを利用する前には借りる前には、返済可能の範囲内の額かどうかをしっかりと考え、事前に月々の返済計画を立てておくことが重要です。

私もしっかりとした返済計画を立てたうえで利用しましたが、返済となるとやはり苦労したことを覚えています。