銀行系カードローンで先行投資

社会人になると急な出費が増えます。私が利用したカードローンは即日対応も可能なものでした。実際はその前に何社か調べて問い合わせをしたりしましたがどうしても時間が間に合わず、最後に問い合わせた先がそこでした。

銀行系や消費者金融系など様々でしたが、とにかく金利が低いものが良かったのだと実感します。資金の都合がつかないときなどは非常に便利ですが、見栄を張ってしまう部分もありました。そういった事も含めて色々とカードローンを利用しなければ分からなかった事、利用した事により知る事が出来た大事な部分があります。

突然の出費にあわてて検索

そもそも私がカードローンを利用することになったのは、大学を卒業してからいろんな家具をクレジットで買っていたことが原因でした。社会人になってテレビやベッド、マットレスや冷蔵庫、洗濯機や炊飯器など、大学で使っていたものがどんどん壊れていました。今思えば寿命なのだと感じますが、こんなに重なるものかと思いながら買っていました。

そんな時に買い物をしようと電気店に行ったら、現金特別価格セールをやっていました。その時は現金を持っておらずクレジットで買い物をしていたのであまり気にしませんでしたが、現金で買った方が安いのではと感じる程度でした。

一方で会社では海外旅行が決まるなど、それもまた旅行用具を持っていなかった私には経済負担でした。キャリーケースから小物類に至るまで揃える必要があり、現金もなくクレジットの枠もいっぱいでした。その時にインターネットで検索をすると出てきたのがカードローンでした。

正直クレジットを枠まで使っていた私は本当に使えるのか半信半疑でしたが、申し込むとすぐに返事が来て融資可能とのことでした。最初は呆気に取られましたが、すぐに必要であった私はその日のうちに借入をしました。その結果何とか期日までに旅行用具や小物、洋服などをそろえる事が出来ました。

自分への先行投資とカードローン金利

それまでは自分でお金を借りるという感覚はなく、クレジットも現金感覚に近い形で使っていた私にとって、本当の現金が来るのは夢のようでした。後からそれが良くない事だと気づきますが、このときはカードローンを使い、今までは届かなかった世界を体験できました。

投資関係の仕事をしているので、比較的富裕層と呼ばれる方々とお会いするには、身なりや所作、繰り出す場所も変えなければなりませんでした。正直に言うとかなり金額的には厳しい飲食店なども入ることで人脈が広がり、仕事もうまく回り始めました。このときの出会いは今でも宝物です。今までの生活では出会うことのなかったスポーツ選手や、大きな会社の重役の方とも知り合いになれて、話を聞くだけで毎日が勉強になりました。

今思うと、当時の収入ではかなり無理をしていましたが、カードローンを使うことで未来の自分への先行投資ができたのではないかと思います。先程も経験が宝物であると述べたように、同期の中ではかなりの人脈と経験値があったと自負しています。

しかし借り入れが増えるにつれて、月々の返済額も増えていきました。収入も増えてきていたので問題はなかったのですが、金利には苦労しました。初めてのカードローンは消費者金融系であったので金利が高く、なかなか元本が減りませんでした。

賢く利用すると自分に自信が持てるようになる

初めてのカードローンは金利が高く、なかなか元本は減りませんでしたが、その時調べて気がついたのがローン会社によって大幅に金利が違う事でした。

月々の返済額は同じでも、金利が低い方が必然的に元本の減りが早くなります。そうなると好循環になり、先行投資をしていた分の回収がうまくいくようになりました。実際には金利は15%からスタートして最後は4%のものを使っていて、実際返済も楽でした。

もっと早く金利が低いところを選んでいればと思いましたし、次の日に必要というタイミングではなく、必要になりそうならば備えておくというぐらいの準備が必要でした。この違いを知っていれば、そんなに返済に気を使う事もありませんでしたし、もっと使っていたかもしれません。お金がない時に限って自己投資が必要ですので、1社は持っておくべきだと感じました。その結果として自分のお金だけでは経験できなかった世界に行けましたし、出会えなかった方々にも会う事が出来ました。日々の生活を送る上でも自分の自信につながりました。実際に以前からお付き合いさせていただいている投資家の方にも、自信がみなぎって見えるから任せられる、といったお言葉をいただきましたし、外から見ても自信があったのだと思います。カードローンを賢く使うと自信につながる事を学びました。