闇金の怖そうな人たち

ヤミ金、闇金融とも呼ばれる闇金。最近では漫画や映画でも闇金をテーマにしたものが人気になるなど、以前よりも割と身近な!?印象があるかもしれません。

身近になったとはいえ、それはフィクションの世界の話し。手を出してはいけない貸金業者、という現実に変わりはありません。もちろん接触しないことがいちばんですが、最近の闇金は手口も巧妙になっていて、知らず知らずのうちに片足を踏みいれて取り返しのつかない事態に陥ることも!?

今回は、そんな闇金の基礎知識から最新事情、もし利用してしまった時の対処法までをお届けします。

しっかり学んで、万全の対策を!

闇金とは?

闇金=ほかの金融機関からお金を借入できない多重債務者などに対して、高額の金利でお金を貸出し、脅迫めいた取り立てを行うヤクザな業者、といったイメージがありますよね。でも、実は闇金もしっかり定義されているのです。詳しく調べてみしょう。

つまり、違法業者

従来、貸金業を行うためには、国や都道府県に貸金業として登録することが法律で定められています。闇金の場合、この登録をせず、無許可で貸金業を営んでいます。つまり、違法業者(一部登録している業者もアリ)。違法業者なのだから、当然金利も違法。なかには年利1000%という悪質な業者も!また、取り立てなども法律を無視しているのが特徴的で、悪質な場合は家族や会社にまで督促がいくことも・・・。

最近では、従来の闇金よりも金利が低めで対応もソフトな「ソフト闇金」と呼ばれる業者も出現していますが、とは言っても闇金は闇金。消費者金融や銀行カードローンよりもずっと高金利なので利用は避けましょう。

サラ金、街金とは何が違うの?

サラ金は、消費者金融の昔の俗称。国や都道府県に貸金業登録をしている合法の貸金業者です。法律に則った金利で貸し付けを行っているので、安心して利用できます。

一方、街金は、特定の地域で貸金を行う小規模な消費者金融のことを言います。大手消費者金融よりも審査が通りやすいのが特徴。貸金業登録している業者もあればしていない業者(闇金)もありますが、登録業者の場合は、金利は法律を順守しています。

つまり、違法な金利で金融業を行っている業者=闇金ということになります。

時代に合わせて進化している!?闇金のラインアップ

かつての闇金と言うと、こっそり業者の事務所に行って直接お金を借入する、というイメージでしたが(爆発的ヒット漫画「闇金ウシジマくん」でもそんなシーンがよく描写されていましたよね!)、融資の方法も時代とともに巧妙に・・・。

現在横行している代表的な手口を紹介しましょう。

高利貸し
その名のとおり、高金利でお金を貸す業者。広義には、質屋や消費者金融も高利貸しに含まれる。非合法な場合は闇金に分類される
紹介屋
表向きは消費者金融。融資ができない代わりに手数料を取ってほかの貸金業者を紹介する
整理屋
債務整理を代行すると謳い、整理手付金などの名目で現金をだまし取る
090金融
固定電話を持たず、連絡先が携帯のみ※貸金業には固定電話での貸金業登録が必須
チケット金融
チケットを購入して、金券ショップで換金することでお金を借入する
買取屋
カードのキャッシング枠で指定された商品を購入し、商品を現金で買い取ってもらう。キャッシング枠を現金化するキャッシュバック金融もある
リース金融
車や家具を買い取ってお金を融資する。買い取ったものはリースで継続使用させて、リース料を徴収する
年金担保金融
年金を担保にお金を貸す
押し貸し金融
勝手に銀行口座にお金を振り込み、返済と利息を催促する
システム金融
主に中小企業に郵送した手形や小切手を担保にお金を融資する
金貨金融
金貨を購入→換金させてお金を融資(購入代金>換金代金)

いかがでしたか?一言に「違法業者」と言っても、その形態はさまざまに細分化していることが分かりますよね。

闇金と見極めるポイントは?

闇金の手口も巧妙になり、果たして闇金なのかどうか区別がつかない業者も増えてきました。そんな時は、まず下記のポイントをチェックしてみましょう。1つでも当てはまればそれは闇金なので利用しないように!

(1)国や都道府県に貸金業登録していない

貸金業登録の有無は、金融庁のサイト(http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/)で確認可能。登録がなかった場合は闇金決定です。闇金の中にはほかの貸金業者の登録番号を使用している悪質な業者もありますが、確認してみれば登録詐称かどうかも分かりますよ!

また、日本貸金業協会のサイトでは、悪質業者の検索も可能です。(リンク:「貸金」に関する知識をまるっと網羅!日本貸金業協会のサイトがすごい!)

(2)法律に違反している

下記の法律を違反しているなら闇金間違いナシです!

  • 出資法:貸付に上限金利(年率20%)を設け、それを超えた場合は違法とし、5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金が課される
  • 利息制限法:元本10万円未満なら上限金利年20%、元本10万円以上100万円未満なら上限金利年18%、元本100万円以上では上限金利年15%と法律で定められているもの。守らない場合、行政処分となる。闇金の場合、利息が貸した金額の3~5割程度なので完全にアウト
  • 貸金業法:総量規制(リンク:総量規制を徹底解説!対象外のカードローンとは!?)や執拗な取り立ての禁止などを定めたもの

(3)固定電話がない

貸金業を営むには、固定電話での貸金業登録がマストなため

もしうっかり闇金を利用してしまったら・・・

これだけ闇金対策をしていても、闇金と気づかず利用してしまった場合はどうしましょう?取り立ては?解決策は?もちろん闇金を利用していない人も、知識として知っておいて損はナシ。

最大の恐怖!「取り立て」

闇金でいちばん恐ろしいのが、返済が遅れた時の取り立てではないでしょうか。電話で罵声を浴びせられたり、自宅に押し掛けられたり・・・。でも、それはひと昔前のことのようです。現在は暴力的な取り立てをしないことがほとんどなのだとか。

というのも、それで警察に通報されたり、弁護士や司法書士などに相談されたりすると事業を存続しかねないため。とは言え、悪質な業者になると家族や会社にまで督促の電話がかかってくるなど、周囲に迷惑がかかってしまうことも。最悪の場合、会社を追われてしまうこともあるというから、そうなる前に、手を打ちましょう。その方法は次でご紹介します。

実は元金すら支払う必要がない

闇金の取り立てに耐えられなくなってきたら、法律事務所の弁護士・司法書士に相談を。任意整理の受任通知を闇金に送ってもらえば、取り立てなどがストップします。なお、警察は民事不介入のためよっぽどのことがなければ力になってはくれません。

出典:http://saimu4.com/niniseiri/127/
※受任通知:金融機関に対して借主が債務整理を開始した旨を伝えるもの

また、本来は、闇金で借りたお金は元金すら支払わなくて良いのです(不法原因給付)!だからと言って、返済するつもりもなく借入をしたら罰せられますので、くれぐれも変な気を起こさないように!
※不法原因給付:民法第708条。不法な原因のために行った給付はその給付したものの返還の請求をすることはできないというもの。

まとめ

複数のカードローンに申し込んで審査落ちしたりすると、「もう闇金しかないのか」と考えることもあるかもしれません。

でも、闇金に手を出すのは周囲をも巻き込んだ地獄の始まり。利息が法外なので、雪だるま式に借金が膨れ上がることになります。

もしも闇金・・・なんて頭をよぎったら、まずは中小規模の消費者金融や街金など、審査ハードルの低い貸金業者などにトライを。また、国が融資してくれる生活福祉資金貸付制度を利用する手もありますよ。とにかく闇金は地獄への入口、触らぬ神に祟りなし!