af9970019298o

カードローンに限らず、「お金を借りる」と聞くと保証人連帯保証人という言葉を連想する人も多いのではないでしょうか?ドラマなどでも、「保証人になったばっかりに借金を背負って・・・」なんていうシチュエーションを度々見かけますよね。
たしかに自動車ローン・住宅ローンなど保証人や連帯保証人が必要となるローン商品もありますが、カードローンに関していうと銀行系も消費者金融系も保証人や連帯保証人は原則不要となっています。
配偶者に内緒にしておきたいという方や、そもそも保証人を立てられる人がいない、という方にはありがたいですよね。

しかし、お金を貸す側(金融機関や消費者金融)にとっては、返済予定日に返済されなかった場合、代わりに返済してくれる保証人の存在は絶対に必要です。
ではなぜカードローンでは保証人が不要なのでしょうか?ここでは銀行カードローンと消費者金融系カードローンに分けて保証人が不要の理由、また、保証人が必要なレアケースについても解説します。

「保証人」と「連帯保証人」の違い

一口に保証人と言っても、
・保証人
・連帯保証人
のふたつがあることをご存知でしょうか?

保証人は、債務者が返済できない時に代理で返済する必要があるとはいえ、貸金業者に対して、「債務者に請求してください」と主張することが可能です。
つまり保証人に返済義務はなく、断ることが可能ということになります。
一方、連帯保証人は、債務者と全く同じ立場とされ、「債務者に請求してください」と主張することはできず、必ず返済する義務があります。
連帯保証人の方が、責任と負担が大きいのですね。

保証人が不要の銀行カードローン

銀行カードローンでは、信用情報機関が保証人を代行します。
債務者の支払いが滞った場合は、信用情報機関が債務者の代わりになって銀行に返済を行います(これを代位弁済といいます)。
つまり銀行としては、保証会社の存在によって安心してお金を貸すことができるというわけです。
銀行カードローンのホームページや説明書きなどで、「保証会社(信用情報機関)の保証をご利用いただきますので、保証人は必要ありません」といった記載を見たことはないでしょうか?

ただしこれは、支払いが遅れても信用情報機関が返済してくれるから安心、というわけではありません。
当然ながら信用情報機関に支払遅延等の情報は残りますので、今後その銀行カードローンが利用できなくなるだけではなく、他社のカードローンを利用する際にも不利になる可能性が高くなってしまいます。

信用情報機関について

信用情報機関とはどのような会社なのでしょうか?銀行カードローンで信用情報機関に指定されている会社の多くは大手消費者金融アコムプロミス等)です。
たとえば三菱東京UFJ銀行カードローンではアコムが、三井住友銀行カードローンではプロミスを運営するSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が保証会社となっています。

これらの信用情報機関は保証だけでなく、銀行カードローン契約時の審査も行っていることが多く、銀行カードローンの場合は信用情報機関の審査と銀行の審査の2つを通過する必要があります
消費者金融系カードローンと比べると銀行カードローンの審査が厳しい理由はここにあります。

信用情報機関について詳しくはこちら

複数の保証会社を用意している銀行カードローンも

通常、銀行カードローンが指定する保証会社は一社ですが、信用情報機関を複数用意している銀行カードローンもあります。
たとえばオリックス銀行カードローンなどでは、オリックス・クレジット株式会社と新生フィナンシャル株式会社の二社を保証会社として指定しており、二社の審査通過が必要というわけではなく、どちらか一社の審査が通ればよいため審査に通過する可能性が比較的高いのです。

保証人が不要の消費者金融カードローン

銀行カードローンでは保証人の代わりとして信用情報機関が存在する一方、消費者金融系のカードローンでは保証人も信用情報機関も不要です。
消費者金融会社自体に保証会社としての機能があるため、必要ないということがその大きな理由になります。
また、利用者からのニーズが高い即日融資に対応するため、スピーディな審査が求められることも一因でしょう。
とはいえ消費者金融も、債務者が返済不能になってしまった場合のリスクヘッジを用意しています。
その一環として、高めの金利を設定したり、銀行カードローンと比較して限度額に制限をつけて融資したりしています。

保証人が必要なケースもまれにあります!

基本的に保証人や連帯保証人が必要としないカードローンですが、まれに必要なケースもあるので、その代表的なパターンを紹介します。

①収入のない専業主婦、未成年の学生
保証人ではありませんが、保護者や配偶者の同意書などの提出を求められることがあります。

②借入限度額が大きいカードローン
1,000万円など、借入限度額を比較的高額に設定しているカードローンでは、保証人や担保を求められる可能性があります。

③過去に延滞履歴がある
過去に延滞履歴がある場合は、保証人を要求されることがあります。

まとめ

銀行も消費者金融もカードローンでは”保証人が不要”というのは、保証人を立てられない専業主婦や学生にとってはメリットだと思いますが、保証人が不要ということで必要額以上にお金の借入ができてしまう側面もあります。

日本貸金業協会の平成26年度の調査によると、借入(借金)を行う際に重要だと考える点で「保証人を立てずに借りられる」と答えた人が第二位(46%)という結果になっています。

保証人を立てずに気軽に借りることができるカードローンはとても便利ですが、気づいたら借金が膨らんでいた・・・といったことの無いように責任を持ってお金と付き合っていきましょう。