主婦でもカードローンは使えるの?

生活費が足りなくなってしまった!
子供の学費や行事でまとまった出費が必要に・・・。
旦那(夫)に内緒でちょっとだけお金が欲しい!

そんなことってありますよね。今回はそんな主婦の方のために、主婦でもお金を借りる方法を解説します。

そもそも主婦でもお金が借りられるの?

この質問はもちろんYESです。
ご自身がパート・アルバイトの場合はもちろんですが、まったく収入がない場合でもお金を借りることができる場合があります。

ただもちろん、お金を貸す側(例えば消費者金融会社)も返す予定の立たない人にお金を貸すわけにはいかないので、
ご自身にまったく収入がない場合は、旦那さんの給料から返済という形で借入が可能となります。

ご自身に収入がある主婦の方の場合

主婦だけども、パートやアルバイトで多少の収入が・・・という方もいらっしゃるのでは?
自身が少しでも働いていて、収入がある場合には、旦那様の年収証明書等がなくても審査に通る可能性は高くなります。

特に、消費者金融系のカードローンでは、女性向けや女性専用のカードローン商品を扱っているところもあります。
これならはじめての方でも利用しやすく、安心することができますよね。

数日間だけお金が欲しい!

ご自身に収入がある場合で、数日間だけどうしてもお金が欲しい!給料日までの生活の為のお金が足りない!
そんな時は、消費者金融系の無利息期間があるカードローンが便利です。

数日から1か月程度無利息で借りることができるので、とても気軽に借りることができます。
ただし、長期間借りる場合は逆に利息が高くなるケースもあるので、返済については計画をたてることが必要です。

ご自身にまったく収入がない専業主婦の方の場合

ご自身にまったく収入がない専業主婦の方の場合でもカードローンの申し込みは可能です。
年収の3分の1までしか借りることができないと定められている年収規制にも例外があり、
その中に配偶者貸し付けというものがあるんです。

ただし、この場合は夫婦合算で年収の3分の1までが、総量規制の上限になります。
総量規制の対象になる消費者金融系のカードローンの場合、旦那さまの収入証明が必要になる場合が多いようです。

また、現実には専業主婦の方からの申し込みを受け付けていない消費者金融のほうが多いようです。

収入証明書が用意できない場合は?

そうは言っても、旦那様の収入証明書なんて用意できない・・・。
カードローンを利用したい・・・。
そんなときは、銀行カードローンを検討してみてください。

銀行カードローンは消費者金融と違い総量規制の対象外だから、専業主婦の方でも申し込み可能なんです。
もちろん総量規制の対象外なので、収入証明書不要で借りることができる場合が多いです。

さらに、金利も安めに設定されている場合が多いので、助かりますね。

まとめ

専業主婦の方でも、銀行カードローンであれば申し込み可能です!
上手に利用すれば、家計の大きな味方になりますね。