旦那に内緒でお金を借りたい!

仕事に、家事に、育児に。主婦にお休みの時間はありません。そんな日々の生活に追い打ちをかけるのがお金の悩み。特に年末年始ともなると、出費が増えてしまうのは致し方ないもの。それでも家計を預かる主婦である以上、「今月少しお金が足りないから少し工面してくれない?」なんて、一家の大黒柱である旦那には言いづらいですよね。

ましてや嗜好品やレジャーに使いたい、なんてもってのほか!そんな時も強い味方になってくれるのがカードローン。いざという時に、旦那にナイショで借入するためのHOW TOを紹介しましょう。

旦那にナイショの借入。できるの?

主婦がお金を借入するには、さまざまな不安がつきまといますよね。まず、自分でも借りることができるのか。万が一、周囲に借金がバレたらどうしよう。ローン癖がついてしまうのが怖い。そんな不安のなかでも、いちばん怖いのが「旦那バレ」ではないでしょうか。

とくに家計を任されている場合は、借入がバレたら金銭管理能力を疑われたりして・・・。使用用途についても生活費ならまだしも嗜好品だったりしたりすると、ますます旦那にはナイショにしたい!「絶対に旦那にバレない」、そんなカードローンは存在するのでしょうか?あっても「闇金」なのでは・・・?答えは、「存在しないわけでは、ない」なのです。

旦那にバレない借入方法とは?

金融機関のなかには、女性専用の「レディースローン」を設定しているところがあります(参考:レディースローンは女性の救世主なのか!?)。

対応してくれるのがすべて女性という女性専用のカードローンで、そのほとんどは来店不要(WEB完結)。在籍確認などの連絡も女性からかかってくるから、通常のカードローンよりも怪しまれる(=旦那バレの)要素が少ないのがポイント。だけど注意点が。

消費者金融系のレディースローンは総量規制により、安定した収入のある人しか利用できないのです(参考:総量規制を徹底解説!対象外のカードローンとは!?)。つまり、収入のない専業主婦はNGということ。

では、専業主婦が借入したい場合はどうしたらよいのでしょう?安心してください、専業主婦の場合は、総量規制対象外の銀行カードローンという選択肢があります!

こちらも本人確認などの連絡は自宅や本人の携帯電話にかかってくるから、旦那バレの可能性は低し。ただし、消費者金融よりは審査は厳しめで即日融資がなかなか難しいというデメリットも。

なぜ主婦がナイショで借入できるの?

かつては「サラ金(サラリーマン金融)」の響き通り、男性が主体で利用されていたカードローンですが、昨今では女性の利用も増加しています。その割合たるや、全カードローン利用者の3割を占めるほど

それに伴い金融機関では新規顧客取り込みの施策として、女性に焦点を当てたカードローンを積極的に展開しています。

それでも女性、特に主婦がお金を借入するというのは、まだまだ後ろめたいもの。だからこそ金融機関も、ナイショで借入できる=プライバシーの配慮に注力しているのですね。

借入金額にもよりますが、旦那の同意書などもほとんどの場合必要ありません。

旦那バレの可能性を徹底的につぶすためには?

いくら金融機関がプライバシーを配慮してくれると言っても、ローンカード、明細、行動・・・ひょんなことから旦那にバレてしまう可能性は潜んでる!その可能性を決定的につぶすことは、残念ながら不可能。

だけど、心がけ次第で、限りなく0に近づけることは可能なのです。そのテクニックを伝授しましょう。

旦那バレの可能性があるファクターを排除する

カードローンを利用するにあたって旦那バレする要因には、主に下記のようなものがあります。逆に言えば、これらの対策を万全にすれば、旦那バレの可能性もグッと低くなるということ!

①郵送物
もっとも借入の事実が露呈してしまう危険性が高いのが、ローンカードや返済が滞った時の督促状など、金融機関から自宅に送付されてくる郵送物です。銀行系ならさほど違和感がないかもしれないけれど、万が一消費者金融の社名などが記されていたら借入を疑われること間違いなし。対策として、ローンカードは自動契約機で受け取る、郵送の場合でも旦那が確実に不在の時間に届けてもらう、返済を促す督促状が届かないように返済期日を確実に守る、アイフル「SuLaLi」など、SMSで連絡をくれる金融機関をチョイスする、などの備えを(参考:アイフルSuLaLi(スラリ))。

②利用明細書
利用明細書は、あらかじめ自宅に送付されないように手配を。WEB明細サービスを採用している金融機関も多いので、そうした金融機関を選ぶのも手。また、ATMで借入・返済した場合は、その場で利用明細書・領収書が発行されてしまう金融機関もあるので、間違っても保管はせずにその場で捨てる習慣をつけましょう。

③ローンカード
財布に忍ばせることが多いローンカード。あからさまにカードローンと分かるデザインの場合は、ふとした際に財布からちらりと見えることで、カードローンの利用が旦那にバレる可能性が。昨今のローンカードは、ローンカードと思わせない女性らしいデザインのものもあるので、そうしたものを選択するようにしてください。

④電話連絡
カードローンの審査の際に、ほぼ避けて通れないのが電話での在籍確認(専業主婦の場合は自宅や携帯に電話がかかってきます)。直接旦那にはバレないかもしれないけど、勤務先に電話がかかってきた場合など、人の噂で旦那の耳に入る・・・なんて可能性だって100%ないとは限りません。金融機関のなかには、必要書類を提出することで在籍確認を省くことができたりWEB完結申込ができるところもあるので、どうしても電話連絡を拒否したい場合は事前に調べておくこと。

⑤通帳
借入・返済が銀行口座の場合は、通帳記帳するとその履歴が印字されてしまうため旦那が見たら借金の事実が一目瞭然。通帳が存在しないネット銀行を利用する、振込融資・口座振替などを利用しない、などの対策を。
以上のことを踏まえた上で、オススメなのがこちらの金融機関です。

郵送物 在籍確認 WEB明細 専業主婦
プロミスレディース ナシ アリ アリ ×
SMBCモビット ナシ アリ アリ ×
アコム ナシ 書類可 アリ ×
レディースレイク ナシ 書類可 アリ
バンクイック ナシ(テレビ窓口の場合) アリ アリ 〇※

※主婦は利用限度額30万円以内

まとめ

旦那にナイショというとどこか後ろめたい感覚があるけれど、計画性を持って利用すればカードローンは主婦の強い味方

たとえ秘密にしたい用途のためにお金を借入するとしても、バレないような対策をしっかりして秘密を墓まで持っていけば怖いものなし!?まさにカードローンは「逃げるは恥だが(怖いが?)役に立つ」のです♪