リボ払いのメリット・デメリット

ショッピングをクレジットカードで決済した際に、なんとなく「リボ払い」を選択することってありがちですよね。だけど自分がトータルで支払う金額を意識したことがありますか? 

特に支払いが銀行口座引き落としの場合、設定日に自動で引き落とされてしまう故に、通帳記帳をするか明細をもらわない限り「毎月いくら支払っているのか」「返済期間はどのくらい続くのか」と意識しないことが多いですよね。

でもちょっと待って。賢く利用すれば大きなメリットもあるのです。その反面、もちろんダークな側面もあります。覚えておきたい一長一短のポイントを、カードローンとも比較してお届けしましょう。

リボ払いとは?

リボ払いの代表的なものに、「元金低額リボルビング方式」があります。これは、借入した残金で金利を計算するもので、借入スタート時には利息が高く、返済が進むとだんだん利息が低くなっていきます。特に消費者金融系だと、この方式を採用していることが多いようです。そのほか、リボ払いには多数の種類があります。(借金前に知っておきたい!カードローンの返済方法をわかりやすく解説します

リボ払いのここがスゴイ!

リボ払いの最大のメリットは、手元に「今」お金がなくても、欲しいモノを購入できることではないでしょうか?でも、ほかにもメリットがあるのです。その魅力についておさらいしてしましょう。

毎月の支払額が一定しているから家計の負担が少ない

リボ払いでは毎月の支払額を自分で設定することが可能(5,000円や10,000円など)なため家計の管理もしやすく、毎月無理のない返済計画を立てることができるのがGOOD。少額だったら、いつもの晩御飯を国産のお肉から外国産に替えるくらいでクリアできちゃいますよね(グルメな旦那さまにはバレちゃうかも?)。

いつでも繰り上げ返済OK

銀行やATM、インターネットなどでいつでも繰り上げ返済できるから、返済期間が短縮。結果、毎月かかるはずだった金利手数料を抑えることができます。一方、分割払いの場合は、支払い方法の変更が難しく、繰り上げ返済をするためには別途事務手数料がかかることがあります。近々まとまったお金が入る予定があるなら、分割払いよりもリボ払いを選択する方が賢いということ。

便利と不便は裏返し!?リボ払いのデメリット

無理なく返済ができて便利なリボ払いですが、使用法を間違えば不利な状況に陥ることも!?注意点をクローズアップしてみましょう。

手数料が高い

リボ払いは、毎月定額を返済していれば良いというわけではありません。そこには「手数料」が発生します。この金額がバカにならないのです。たとえば、「元金低額リボルビング方式」の場合、「毎月5,000円の支払い」のはずが、金融機関や借入金額にもよりますが、借入スタート時には手数料が3分の1近く発生し、7,000円の支払いになることがあります(20万円の借入で、月々5,000円の返済に設定した場合)。

しかも盲点なのが、銀行引き落としにしている場合にはその事実に「気づかない」こと。自動で引き落としされていると、通帳記帳するか明細を見ないと、どれだけ引き落とされているかなかなか気づきにくいですよね(しかも明細も請求しないと送ってくれない業者が多数)。

クレジットカード会社によっては手数料も含めて毎月の支払を定額に設定している場合もありますが、ショッピングでリボ払いを選ぶ時に、そこまで意識していなかった、というのが大多数ではないでしょうか。結果的にリボ払いにしたが故に、利息や手数料ばかり支払ってなかなか元金が減らない、延々と支払いが続く、という負のサークルに陥る可能性があります。

無意識に利用額が膨れ上がる

月々の支払が一定のリボ払いでは利用総額を把握しづらいため、買い物に買い物を重ねてしまいがち。その結果、やむなく自己破産債務整理などといった手段をとる人も・・・。クレジットカードはあなたの銀行ではありません。使用する時は、「借金をするのだ」という自覚を忘れないようにしましょうね。

リボ払いの手数料を最小限に抑えるには?

では、すでにリボ払い中のアナタに助け舟を。実は筆者も過去にリボ払いにしていて、ふと「いつまで支払うんだ?」「残金はどのくらいなんだ?」と疑問に思い、クレジットカード会社に問い合わせたことがあります。毎月5,000円の支払いの設定だったので呑気に構えていたのですが、返済にあと11カ月もかかるの?毎月の手数料がそんなに取られているの!?と驚愕。少額の借入だったから良いものの、まさにクレジットカード会社にとっては「塵も積もれば山となる」。そこで、毎月の返済を1万円に変更してもらいました。これにより、手数料だけでもかなり節約できたと考えています。

もうお分かりでしょうか、リボ払いの手数料を最小限に抑えるためには、月々の返済額を増やして1日でも早く完済することです。または、余裕がある場合は勢いよく一括返済するのがおすすめです。お問い合わせは電話やホームページから簡単にできますよ。

また、リボ払いを検討している方は、金融機関のホームページに設けられている「返済シミュレーション」で、月々の手数料、返済総額などを調べることができるので、まず利用してみてはいかがでしょう。

分割払いと何が違うの?

その場の支出を避けることができる手段として、リボ払いのほかに「分割払い」があります。この違いは何なのでしょうか?簡単に説明すると、

  • リボ払い→毎月ほぼ一定の金額+金利手数料を支払う。支払い回数の制限はナシ。
  • 分割払い→返済回数を指定して一定の金額+金利手数料を支払う。指定の回数で必ず完済できる。

要は、完済の時期を把握できるかできないか、ということではないでしょうか。毎月一定額を支払うリボ払いだと、具体的にいつ完済できるのか見当がつきにくいですよね・・・。

まとめ

リボ払いは「当面のお金がなくても欲しいモノをすぐ購入できる」というとってもありがたいサービスです。また、リボ払いにすることでクレジットカードのポイントが加算されるなど、魅力的な付加価値が多数提供されているのも事実。

ただし、長期の借入となると結果的に高額な手数料がかかってしまうので、返済計画をしっかり立てて、メリット・デメリットを把握した上で利用するようにしましょうね!

裏技として。リボ払いよりもカードローンでお金を借入してショッピングするのもアリ。なぜなら、リボ払いの金利は15~18%、それに比べてカードローンは金融機関にもよりますが3%からの低金利。また、近々返済できるアテがあるなら、無利息期間がある金融機関をチョイスすれば金利や手数料も節約できる!自分にとってどちらの方がプラスになるのか、十分に検討してから利用しましょう。