利息の文化はお米から?
現代では、すっかりお馴染みとなっている「キャッシング」という響き。でも、いつからキャッシング(=借入したものを、利息をつけて返す)という文化が始まったのでしょうか。そのバックグラウンドをチラッとお届けします。

コトの始まりは、なんと弥生時代の「米貸し」

「借りたら利息をつけて返す」という文化は、弥生時代から始まりました。当時は、神社が農民に種籾(たねもみ:種としてまくために取っておく籾)を貸し、収穫後に利稲(りとう)と呼ばれる利息をつけて神社に返す「米貸し」という習わしがあったと言います。

この利稲は「収穫ができたことに対する神への感謝の気持ち」として自然に発生していたとのこと。この時点での利息は、ある意味宗教的な意味合いだったのですね。

「金銭」の貸し借りは鎌倉時代から始まった

お金の貸し借りという習慣は、鎌倉時代から主流になったとされています。「利銭出挙(りせんすいこ)」と呼ばれ、在地領主・符号・有力百姓たち(支配層)がモノ(質草)を担保に、農民に金銭を貸付していたものを指します。この流れで純粋な貸付金融も生まれ、鎌倉時代後期には貸付金融が主流となり、利銭出挙は廃れていきました。

江戸時代になると人々の暮らしや市場経済が大きく発展するようになり、「質屋」が台頭。現在の貸金業に近い形で金貸しが行われる様になりました。また、当時は「踏み倒し」が横行していたことから、現代でいう「ブラックリスト」の原型も出現。貸金業者たちは組合を発足し、「融資してはいけない人」の情報を共有したと言います。

質屋から消費者金融へ!

戦後、経済が発展したことから質屋の需要が減ってきました。その結果、廃業する質屋も多数。キャッシングのベースとも言える質屋が衰退したのにも関わらず、なぜ今もこんなにキャッシングがメジャーなのでしょう?その謎を年代別に紐解いてみましょう。

1960年代~消費者金融の原型が誕生~

貸金業者が団地(当時は団地に住むことがステイタスでした!)に住むサラリーマンに向けて、無担保・無保証でお金を融資する「団地金融」がスタート。当時、銀行でも貸付を行っていましたが、手続きに時間がかかり「今、すぐ!」借入することが不可能だったため、その隙間を狙ったサービスとも言えますね。

1970年代~団地金融から「勤め人信用貸し」へ~

一部上場企業で働くサラリーマンを対象とした「勤め人信用貸し」が出現。また、個人信用情報機関も登場。この時代は「お金を借りられる」ことが「エリート」の証だったのですね!「サラリーマン金融」と呼ばれだしたのも、この年代から。

1980年代~「サラ金」から「消費者金融」へ~

80年代に入ると、「消費者金融」の呼び名が定着。一方、過剰な貸付・取り立てを行う悪質業者も増え、「サラ金地獄」というワードも生まれました。80年代後半には金融機関によるテレビCMも解禁、有名人を起用することで、キャッシングのなんとな~くダークなイメージの払拭につながりました。

1990年代~自動契約機が登場、キャッシングがますます手軽な存在に~

1993年に業界初である自動契約機が誕生したことにより、一般人でも消費者金融がグッと親しみやすい存在に。バブル崩壊後は、生活苦からキャッシングに頼る人も多かったようです。

2000年代~国による規制が入る~

それまでの高金利に対し(90年代で40%程度)、国が上限金利を29.2%に制定。貸金業法の改正によりグレーゾーン金利も撤廃されました。消費者金融がよりクリーンになった年代ですね♪

2010年代~キャッシングも選べる時代に~

貸金業法が施行され、総量規制により消費者金融は専業主婦や無職の人に融資を行うことができなくなりました。消費者金融のほかに銀行カードローンという選択肢も増え、利用者にとって商品選択の幅が広がったのも特徴です。

知っておいて損はない!?金融機関のルーツ

キャッシングのルーツを学んだところで、お酒の場でもちょっとネタになる!?主要な金融機関のルーツも探ってみましょう!

アコム

1936年、神戸にて「丸糸呉服店」として創業。戦争の激化をうけて自主廃業したのちに、1948年に質屋業に転換。1960年にはサラリーマン金融を開始、1978年に現「アコム株式会社」を設立しました。以後、業界初の自動契約機「むじんくん」の開発、2004年には三菱UFJフィナンシャル・グループと提携するなど、消費者金融業界のリーディングカンパニーとして君臨しています。

プロミス

1962年、大阪市に「関西金融株式会社」として設立。翌年には消費者金融業をスタート。1980年には「プロミス株式会社」に。2012年には三井住友フィナンシャルグループの子会社となり、「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」と社名を変更しました。創業者である神内氏が起業したきっかけは、児童福祉施設をつくろうと考えたから、というのも興味深いですよね!

新生銀行カードローンレイク

自衛隊で働き資本を貯めた創業者が1964年にレイクの前身である「株式会社パーソナルリース」を起業。大阪を中心に個人向け融資を展開、特にサラリーマンに的を絞り、当時の顧客は、飲食や接待の機会が多いマスコミ関係者が8割だったとか・・・。

1975年には「株式会社レイク」に。1998年に「GEコンシューマーファイナンス」がレイクの消費者金融部門を買収、さらに2008年には新生銀行がGEコンシューマーファイナンスを買収し、「新生銀行フィナンシャル株式会社」を設立。新生銀行のカードローン商品として、新生銀行カードローンレイクが生まれました。

アイフル

1967年に個人経営の消費者金融として創業。1982年には「アイフル株式会社」に。テレビCMが特に印象的で、チワワを起用したCMは社会現象にも・・・消費者金融のイメージを刷新した立役者でもあります。

まとめ

古代は「感謝の気持ち」から発生した「利息」が、認識を変えて現代に息づいているというのは実に興味深いものですよね。また、時代の変化に伴い、キャッシングもずいぶんと身近な存在になったことを理解していただけたと思います!

弥生時代や鎌倉時代は少し想像し難いかもしれないけれど、金融機関として機能してからの歴史を知ると、今がもっとも安全・安心・便利な時代と言えるのではないでしょうか?キャッシングも進化し続けているのですね♪