消費者金融って何?
ひとくちにカードローンといっても、消費者金融と銀行カードローンは違うって知っていましたか?
消費者金融とは、貸金業法という法律のもとに、貸金業を営んでいる企業です。

当たり前ですが、消費者金融とヤミ金は違います!

消費者金融というと、怖いなんてイメージを持っていたりしませんか?
非常識な高金利で貸付けられたり、延滞すると怖いお兄さんが夜中にドアを叩いてきたり、果ては外国に売られたり・・・。
当たり前ですが、まっとうな消費者金融はそんなことはできません
冒頭でも書いたように、貸金業法という法律で規制されているからなんです。
貸金業法では、利息の上限はもちろん、無理な取り立てについても厳しく規制されています。

大手ならさらに安心!納得の理由

法律で規制されているとはいえ、グレーゾーンすれすれの営業を行っている中小の街金も中には存在します。
しかし、TVで名前を見かけるような大手の消費者金融の場合、そんな危険な営業はほぼないと言っていいでしょう。
何故なら、大手の消費者金融というのは銀行の資本が入っている会社がほとんどです。
銀行系カードローンや銀行系消費者金融、などと呼ばれています。
銀行の傘下の会社なので、法律を無視するような真似はしません。
はじめての方でも安心して利用ができますね!

銀行カードローンと、消費者金融系カードローンの違い

さて、大手消費者金融は銀行の傘下なので安心!ということはわかりましたが、その銀行が行っているカードローンとは何が違うのでしょうか。
一番の違いはやはり、消費者金融はあくまで貸金業ですので貸金業法の対象であるということです。
では、消費者金融のカードローンを銀行カードローンと比べた時のメリット、デメリットを見ていきましょう。

消費者金融のデメリット

まずはデメリットから。

総量規制の対象である

総量規制とは、貸金業法で定められた年収の3分の1までしか貸してはいけない決まりです。
総量規制に関しては別の記事で詳しく書いていますので、そちらも参考にしてくださいね。
この総量規制によって、消費者金融で借りることができる限度額は必ず年収の3分の1までとなります。
また、複数社から借りる場合、各社から3分の1ずつ借りることができるわけではありません。
合計で年収の3分の1までしか借りることができないので注意が必要です。

収入証明書が必要な場合がある

総量規制に関連して、貸金業者は利用者の年収を確認しなければなりません。
1社から50万円以上、または複数社から合計100万円以上借りる場合は、
収入証明書の提出が求められます。

専業主婦(主夫)の利用は難しい。

自身に収入のない専業主婦(主夫)の方の場合、消費者金融の利用は難しいでしょう。
その場合は、銀行カードローンがおすすめです。
銀行カードローンについても、別の記事で詳しく解説していますよ!
(参考:カードローンの種類って?よく聞く銀行カードローンは何が違うの?

消費者金融のメリット

いくつかデメリットをあげましたが、もちろん大きなメリットもあります。

銀行カードローンよりも審査に通りやすい

一般に、銀行カードローンよりも消費者金融のカードローンのほうが審査に通りやすい、審査が甘いといわれています。
もちろん、必ず審査に通るというわけではありません。

審査が早い

これが一番大きなメリットではないでしょうか。なんといっても審査が早い
即日融資、即日振込対応、なんてカードローンも結構あります。
急に飲みにいくことになったけど財布がピンチ!なんて時にも、頼れちゃいます。

まとめ

いかがでしたか?消費者金融は上手く使えば、いざというときに頼れる味方です。
特に大手の消費者金融は銀行傘下でしっかりしているので、安心して利用ができますね。