loans-and-financing_s

いきなりですが、ローンについてウィキペディアから引用します。

資金を融通すること。つまりお金を必要とする者に貸すこと。(特に消費者金融などを中心として)カタカナで「ローン」とも呼ばれる。


という定義がされています。
また英語で記述すると「loan」です。和訳では「貸付や貸付金」という意味になります。ここだけをみてしまうと、「ローン」という言葉は、どちらかというとマイナスなイメージを与えているように思えます。「消費者金融などを中心として」と定義付けされてしまうと、更に良くないイメージとなってしまいます。そこで今回は、「ローン」と「融資」とではどう意味合いが変わるのか、そして違いを説明していきます。

ローンと融資はどう違うのか?

「お金を必要とする者に貸すこと」と融資は考えられています。こう書くとマイナスなイメージを感じることはなくなるように思います。
例えば、ビジネスで考えてみるとこれから起業したい!と思っている人に対して、融資するということは決してイメージは悪くありません。

素晴らしいアイデアがあるにも関わらず、お金が足りないから起業できないという方(お金を必要とする者)に対して、融資することは社会にとっては良いことであるように考えられます。もしかすると、その起業のお陰で私達の生活が豊かになる可能性も否定はできません。

またビジネスの面だけでなく、普段の生活においても同様のことが言えます。例えば、急に引っ越しをしなくてはいけなくなってしまった場合に、引っ越し費用(お金が必要となる事)を融資してもらい引っ越しするということも生活を続けていく、または生活をするにあたっては必要なことです。

融資という言葉の定義

ここでは、融資の定義を2つしたいと考えています。
1つ目は、ウィキペディアにもあるように、「お金を必要とする者に融資すること」

2つ目は、「お金が必要となる事柄に対して融資すること」
としたいと考えています。

お金を必要としている人に対する融資
お金が必要となる事柄に対する融資

融資が必ずしも悪い意味合いではないということを理解して欲しいと思います。
どうしてもイメージは良くないですが、決してそんなことはありません。

ローンの種類はどのくらいあるのか?

それでは、次にローンの種類はどのくらいあるのか?ということについてお話します。

簡単に分けると2つの種類があります。
それは、無担保ローンと有担保ローンの2種類になります。それぞれどういったものなのかご紹介します。
その前に担保という言葉が出てきましたので、担保について簡単にご説明します。

担保とは?

お金を借りる際に、単にお金を借りるだけではなくお金を借りる代わりに、貸してくれる人に提供する「モノ」が担保になります。
モノではなく、人という場合もあります。この時に使用するのが、連帯保証人です。お金を借りる際に連帯保証人を立てる場合もあります。この場合の担保は連帯保証人という「人」となります。
お金を貸す側からすると、返してもらえる保証を付けてもらう事でリスクを軽減したいという考えがあるので、担保が必要ということになります。貸す側はできるだけ損はしたくありませんし
何らかの形で保証をつけてもらうというのは、当然と言えば当然かもしれません。

担保とは一言で、お金を借りる際に、貸してくれる側へ返しますよ!ということを証明する「モノ」や「人」のことを指します。

有担保ローンと無担保ローンの違い

担保がどんなものかを理解頂けかとおもいます。
次に説明する無担保ローンと有担保ローンの違いが「担保」という言葉を理解することですんなり入ってくるのではないでしょうか?

有担保ローンとは、担保が必要なローン
無担保ローンとは、担保が不要なローン
ということになります。つまり、貸してくれる側に対して何かを保証するのか、そうでないのかということになります。

無担保ローンは担保が必要ないということで、説明は不要かと思いますが有担保ローンは、一体何を担保として差し出しお金を借してもらうのかという疑問が出てくるのではないでしょうか。
お金を貸す側は、返済してくれることが一番好ましいと考えています。逆に、お金を返してくれない場合はとても困ってしまいます。
その際に、担保(保証)としてよく利用されるのが、貸す側の土地や家そのものを担保とするケースが多くなります。株なども担保として適用されますが多くの場合、土地が適用される様です。

有担保ローンは何かを担保としてお金を借りるということもあり、借りられる額が多くなるメリットもあります。更には、短期ではなく長期間に渡り借りることが可能となり金利も低く抑えられるケースもあります。

有担保ローン、無担保ローンどちらにもメリットとデメリットがあります。
利用に応じて使い分けることができるので、お金を借り入れる際には頭に入れておきたい違いとなります。

ローンの種類

担保の違いにおけるローンの種類は分かって頂けたかと思います。ここでは、大きな範囲でのローンの種類をご紹介します。
ここでは5つのローンをご紹介します。

  • 1:自動車ローン
  • 2:カードローン
  • 3:住宅ローン
  • 4:教育ローン
  • 5:ブライダルローン

の5つになります。このサイトでは特に2のカードローンについてご説明します。

まとめ

ローンという言葉意味の定義について、少しマイナスなイメージを持っていた方もいらっしゃると思いますが、決してそうではないということをここではご理解頂ければと思います。お金の使い方は個人個人で違います。
決してローンが必ずしも悪いということではありません。今すぐに必要な場合、必要な分だけ、お金を借りるということはとても意味のあることだと考えることもできます。