女性二人とお金

カードローンを利用するのは怖い、と躊躇する女性はまだまだ多いかもしれません。そんな中、近年台頭してきたのが「レディースローン」です。インターネットの広告などでもお馴染みですよね。

「レディース」と名がついているからには女性向けのカードローンということは想像に易いですが、どういった点が女性向けで、一般的なカードローンとは何が違うのでしょうか?その実態に迫ってみましょう。

そもそもレディースローンとは

カードローンというと男性が利用するイメージが強いですが、近年ではショッピングに、あるいは、生活費の足しに。
さまざまな理由で女性が「お金を借りたい」ニーズが高まっています。そんな女性の多彩なニーズに応えるために消費者金融がつくった「女性専用の!」カードローンがレディースローンなのです。

女性なら誰でも借りられる?

安定した収入がある女性であれば、基本的に借り入れ可能です
正社員はもちろん、派遣社員やパート、アルバイトの学生だってウェルカム!ただし、借入金は年収の1/3が上限。また、収入のない専業主婦でも一定の条件を満たせば借りられるサービスもあります。

一般的なカードローンと何が違うの?

一般的なカードローンの場合、対応が男性スタッフになることも。でも、女性がお金を借りるとなると、男性には話しにくい事情もあったりしますよね。

その点、レディースローンのスタッフはみんな女性だから相談しやすい!女性ならではの細やかな心配りが、カードローンへの不安を和らげてくれるのです。ただし、サービス内容などは一般的なカードローンと変わりません。

Let’sレディースローン!

レディースローンに興味を持ったら、さあ、次のステップへ!

多彩な申し込み方法をご用意

まずはローン会社を選んで、レディースローンを申し込みます。もっともメジャーな申し込み方法が、WEBからの申し込み。そのほか、店頭や無人契約機、電話などでも申し込みが可能です。

どの場合でも、女性オペレーターが対応してくれるので安心感がありますね。その際にマストなのが本人確認書類。借り入れ総額によっては収入証明書類が必要になることもあります。

専業主婦も借り入れOKなローン会社の場合は、本人確認書類に加えて、夫の同意書や婚姻関係を証明する書類や、夫の収入証明書類の提出を求められることも。
専業主婦が「家族に内緒でお金を借りたい」場合は、レディースローンはちょっとハードルが高いかもしれませんね。

そんな時は、銀行系のカードローンがおすすめです。(参考:こっそり教えます!専業主婦でもカードローンを使う方法。

審査を通過する基準が知りたい!

安定的な収入に加えて、他社での借り入れ状況も審査基準になります。複数から借り入れしている場合は審査がとおりにくい傾向があるため、女性のためのおまとめローンなどを利用して、借り入れ件数を減らしてから申し込むのがベター。

また、専業主婦でどうしてもレディースローンでお金を借りたい!という時は、一時的にパートやアルバイトをしてから借りる、という裏技も。

知っておきたい、借り入れの時の注意点

カードの申し込みを家族にバレたくなくても、カードが自宅に郵送で届いてしまうと借り入れがバレてしまう恐れがあります。そうした状況を避けたい場合、

  1. インターネットでの申し込み(必要書類がスマホなどの画面で確認できる)
  2. カードは自ら自動契約機などに受け取りに行く

を徹底しましょう。

また、カードローン会社のほとんどは、在籍確認が避けられません
職場への電話確認がメジャーですが、どうしても電話確認は困る、といった場合は、代替案があるかどうか担当者に相談してみましょう。

まとめ

女性のためのカードローン、それが「レディースローン」。
スタッフが女性ばかりで相談しやすく、一見敷居が低そうに見えてしまいますが、そこはあくまでも「ローン」。自分の返済能力を見極めて賢く利用したいですね♪