グレーゾーン金利

あなたは今融資を受けていたり、借金をしていますか?受けているとしたら、その金利は何%ですか?
その利息、実は払いすぎているかもしれません。

そもそもグレーゾーン金利って?

グレーゾ-ン金利とは、かつての法律の抜け穴を悪用した消費者金融が定めていた金利のことです。
今は法律が改正され、新たに借入を行う場合はグレーゾーン金利での貸付はできません。

グレーゾーン金利って何%?

かつて、利息の上限を定める法律の利息制限法では、利息の上限が年20%(10万円未満の場合)と定められていました。
しかし、この上限を超えた金利を徴収しても貸金業者に罰金等はなく、さらに超過部分を借りた側が任意に支払った場合、その返還を貸金業者に求めることはできないと定められていました。
一方、出資法では年29.2%を超える利息の契約をした場合、刑事罰が科せられます。この出資法の上限である29.2%を超えずに、利息制限法の上限である15~20%を超える金利をグレーゾーン金利と呼んでいました。

グレーゾーン金利はいつ借りたお金?

出資法の上限は2010年6月に改正され、利息制限法の上限である20%に揃えられました。それ以降に受けた融資の場合、グレーゾーン金利はあり得ません。
2010年6月以前に借りたお金の場合、グレーゾーン金利で借りている可能性があります。特に消費者金融で借りたローンなどは、一度金利をチェックしてみるべきです。

グレーゾーン金利で借りている場合どうなるの?

グレーゾーン金利で借りている場合、利息制限法の上限を超える部分の利息については本来無効なはずなのですが、これを有効とする規定が貸金業法に定められていました。
いわゆるみなし弁済です。しかし、このみなし弁済について最高裁判所では貸金業者側に厳しい判断をくだし、有効と認められない場合がほとんどになりました。さらに、2010年の利息制限法と貸金業法改正によって、みなし弁済そのものが廃止されています。

過払い金があるかも?

グレーゾーン金利部分で返済した利息は、過払い金として返還を求めることができる場合があります。自分での手続きは厳しいので、グレーゾーン金利で借りている人は一度専門家に相談した方がよいかもしれません。

完済していても過払い金請求はできる!

すでにローンを完済していても、過払い金請求ができる場合があります。これも専門家に相談してみてくださいね。

まとめ

知らないと損をしてしまうグレーゾーン金利。けれども、おまとめローンやカードローンなどを利用してローンを一本化してしまうと、グレーゾーン金利部分であっても返済しなければならなくなってしまう場合があります。
まずは一度、自分の借りているお金について、利息を確認してみてくださいね。