daruma

カードローンを利用したいけれど審査に通る自信がない・・・と、申込を躊躇している方は少なくないのでは?だけど1枚持っていたらとっても頼りになるのがカードローン!万が一の時の備えとしても心強いですよね。

そんなカードローン、実は時期によっては審査が通りやすいという噂をご存知ですか?さらには、曜日や時間帯まで細分化されていたり!?どうせなら借りやすいタイミングを知っておきたいですよね!

カードローンの審査には、通りやすい時期と通りにくい時期があるってホント!?

1枚あると便利なカードローン、どうせ持つなら「なるべく確実に」審査を通過したいものですよね。考えナシで申し込んだらその情報も信用情報機関に記録されてしまうし、その記録は6カ月経たないと消去されません

では、「なるべく確実に」審査を通過するには?実は、確実ではありませんが、申込の時期によって審査が通りやすかったり通りにくかったりする傾向があるらしいのです!つまり、審査のハードルが低い?時期に申し込めば、通常よりも借りやすいといったこともあるのです!

申込のタイミング以外にも、審査に通りやすくなる(?)手段を調査しました!

狙い目は、「閑散期」と「決算期」

カードローン会社も世の中の会社と同じく、もちろん業務の売り上げ目標が存在します。つまり・・・カードローン利用者が少ない、いわゆる「閑散期」を狙えば、審査に通る可能性がアップしやすいというお話です。
カードローン利用者が減るのは、6~7月・12月。一般的にはボーナスが支給される時期で、家計が潤っていることが背景にあると推測できます。

次に、3月、9月(9月は、銀行カードローンの場合)。この時期は決算期のため、融資残高を増やしておきたいという事情があるようですよ!また、閑散期ではないとは言え3月は新生活などのイベントに備えてお金が要り用な月でもあるため、若干ハードルを低く設定している模様。

月×日にちや曜日、時間帯も組み合わせてより審査に通りやすく!?

カードローン会社の締め日は月末のため、その月のノルマを達成するために月末は比較的審査が緩いという噂。さらに!狙い目の曜日は、火~金曜日。休み明けの月曜は、カードローンの申込が多いため避けた方が無難なのだとか。平日だから審査結果もすぐに知ることができますね♪時間帯では、申込の少ない12時~17時の間がオススメ。この背景には、午前中は即日融資を希望する方々が多く忙しいことがあります。

カードローン会社の懐事情と、忙しい/忙しくないタイミングをしっかりと把握して申込することが、審査通過の鍵を握っているのかもしれませんね!

キャンペーン期間も審査通過のチャンス☆

カードローン会社が実施するキャンペーンって時々見かけますよね。実はこの期間も比較的審査に通りやすいのだとか。キャンペーンを行う=新規顧客の獲得に積極的ということだから、審査が緩くなりがち、というのも頷けます。

審査に通りにくい時期は?

「閑散期」が審査に通りやすい時期ということは、前述のとおり。では、通りにくい時期もあるの?実は、これもあると言われれています。いわゆる、カードローンの「繁忙期」。GWがある5月、お盆がある8月はカードローンの需要が高まるので、審査も通常よりも厳しくなる傾向にあるようです。また、この時期に関しては審査にも時間がかかる傾向にあり、即日融資がウリの業者でもなかなか希望が通らなかったりするので要注意。あらかじめ出費が分かっているのなら、繁忙期を避けて申込しておくようにしましょう。

受からぬのなら 受かってみせよう カードローン!

申込のタイミングも、もちろん意識しないよりは意識した方が良いけど、より確実にしたいのなら+αのアクションを。「審査に受かるのも、受からないのも、あなた次第!」。

銀行?消費者金融?審査通過率で考える

審査通過率を公表している業者が存在するってご存知でしたか?公表しているの審査通過率をいくつか比較してみましょう。以下は消費者金融の審査通過率です。

アコム:47.9%
プロミス:43.5%
アイフル:46.5%
(2015年度)

消費者金融の場合は、申し込んだ2人に約1人が審査に通過しているということになりますね!それに比べると、一般的に銀行カードローンは15~20%というから、なかなか狭き門なのかもしれません。ただし、通過率が高いからといって借りやすいというわけではありません。ご自身の状況によって状況は変わりますので、各カードローンの審査基準なども把握した上で申込をしましょう!

なお、各審査通過率は、公表している場合、ホームページのIR情報から確認可能です。

審査に通る状況を「自らつくる」のも手。

審査に通りやすい時期に申し込むのももちろん得策なのですが、もっとも手っ取り早いのは、自分で審査に通る状況をつくることかも!?たとえば、複数の業者から借入をしているのなら一本化するとか、定職についていないのなら仕事に就くとか。

時間はかかってしまうかもしれませんが、急がば回れ。少なくとも「タイミング頼み」よりも審査に通る確率は高くなるでしょう。

まとめ

審査に通りやすい・通りにくい時期については、銀行や消費者金融など金融機関の業務フローから推測されるものであって、この時期なら必ず審査に通過するという保証は残念ながらありません。だけど、どうせ申込むならより高確率で審査に通りたいですよね!そのためにも、プラスなジンクスはすべて味方につけて、今こそサクラを咲かせましょう♪

いざお金が必要な時に切羽詰まってカードローンに駆け込んで審査落ちしてしまうより、「本当に必要な、いつか」のために今から手を回しておくのが賢明ですよ!