おまとめローンの落とし穴

複数社からキャッシングをしている場合、とても便利なのがおまとめローンです。今回はおまとめローンについて、特徴と意外な落とし穴を解説します。

そもそもおまとめローンって?

おまとめローンとはいわゆる借り換えのためのローンです。カードローンを借入している方の中には、数社から融資を受けている人が多いと思います。
1社では高額の審査には通りにくいので100万円を超えるお金が必要な場合、数社から少しずつ借りるパターンが多いのです。また、ある融資先から借りていて返済期限が迫ってしまい、別の融資先から新たに借金を・・・なんてパターンもあるかもしれません。複数社から借入をしている場合、返済日がバラバラで計画が立てにくかったり毎月の負担が大きかったりと、なにかと面倒だったりしますよね。そんなお悩みを解決するのがおまとめローンです。

おまとめローンの特徴

では、おまとめローンの大きな4つの特徴を紹介します。

その1:限度額が大きい

債務を一本化するためのローンなので、当然限度額は大きく設定されています。また、借り換えの場合の審査は通常の融資の審査と異なる場合もあるので、通常の借入ができないからといっておまとめローンまであきらめる必要はありません。

その2:総量規制は対象外

銀行が提供しているカードローンが総量規制の対象外なのはもちろんですが、消費者金融会社が提供しているカードローンでも、おまとめローンの場合は総量規制の対象外になります。これは、貸金法で定められている総量規制の例外である顧客に対して有利となる借換えにあたるためです。よってすでに年収の3分の1以上の借入がある場合でも、おまとめローンを利用することが可能なのです。

その3:金利が低め

金利についてですが一般的に、限度額が大きいほど金利が低く設定されます。おまとめローンはもともといろいろな借金をまとめて一本化するためのローンなので、当然限度額は大きくなります。ということは、金利が低くなる場合が多いのです。「おまとめ」ということではじめから金利が低めに設定されているカードローンもあります。

その4:毎月の返済が楽になる

債務を一本化すると、毎月の返済額が少なくなる場合があります。たとえば、4社から借りていて、各社に毎月1万円ずつ返済している場合は毎月の返済は4万円。これをおまとめローンで1本化すると、毎月2万円の返済となる可能性もあり、毎月の返済はとても楽になります。

おまとめローンのデメリット

いいことづくめに聞こえますが、意外な落とし穴もおまとめローンにはあります。

金利が低くなるとは限らない

いま受けている融資より、おまとめローンのほうが金利が低いとは限りません。たとえば、ショッピングのリボ払いは10~15%程度の金利の場合が多いです。
しかし、おまとめローンの金利は100万円以下の借入では最大18%になることも。いま受けている融資が低い金利の場合は、逆に金利が高くなってしまうケースもあるので、よく確認が必要です。

金利が低くなっても支払い総額が多くなる場合もある

おまとめして月々の返済額を減らした場合、以前より金利が低くなっても支払期間が長くなった分、支払総額は増えてしまうパターンがあります。とはいえ、毎月の返済が苦しいのであればおまとめした方が生活が楽になることは確かですので、よく検討する必要があります。

過払い金等が戻ってくるはずだった場合はもらえなくなる

いまある債務が2010年以前の債務の場合、グレーゾ-ン金利にかかっている場合があります。いわゆる過払い金が発生するようなケースの場合、おまとめしてしまうと本来払わなくてよいはずの利息まで払うことになります。

債務の引き直しをすれば減額できたかもしれない金額も返さないといけなくなる

多重債務で本当に苦しい場合、債務整理をして減額できたかもしれない分も、おまとめローンにしてしまうと返済しなければならなくなります。ただし、債務整理にはさまざまなデメリットがあるので、よく考える必要があります。

まとめ

そうは言っても、多重債務で完済を目指す場合、おまとめローンはとても便利です。おまとめローンを利用するときは、ローン会社に借り換え目的であることをきちんと伝えるか、おまとめ専用のローンを使いましょう。