基本情報
実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~18% 800万円 最短30分 最短1時間
WEB完結
もOK
総量規制 保証人 収入証明
対象 不要 原則不要
  • アイフルなら最短30分で審査完了。即日融資も可能
  • 初めての方は最大30日間利息ゼロ
  • ご利用限度額が50万円以下、かつ他社を含めた借入総額が100万円以下の場合、収入証明書原則不要。運転免許証(交付を受けていない方はその他身分証明書等)で本人確認も簡単です
  • アイフル店舗の他、銀行・コンビニでの返済も可能
  • 「配達時間えらべーる」で誰にも知られずカードを受け取れます
※夜の21時以降に申し込んだ場合は、審査結果が出るのは翌営業日になります。
※アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合、収入証明原則不要となります

アイフルのこれまでと、社名について

アイフルは1967年に京都で創業しました。1982年に現社名であるアイフルに変更し、そこから全国的に営業活動を開始しました。業界大手の中では最も新しい会社となっています。業界においては主力商品と言われる無担保ローンだけでなく、有担保ローンや事業者ローンなどの幅広い融資商品を比較的早い時間から取り扱っている点が特色です。

無担保ローンだけを販売していくと、企業の成長力に限界があるとの判断から商品の多様化戦略を突き進めきました。

こうした多様化戦略を推し進めることが、結果的に信販大手のライフの買収につながりました。そうして、業界で最もブランド認知力が高い1社となっています。

また、アイフルは
Affection:愛情、慈しみ
Improvement:改善、向上
Faithfulness:忠実、律儀
Unity:結束、団結
Liveliness:活気
といった、それぞれの単語の頭文字を取って繋げたものが社名として採用されています。

アイフルの経営理念

能動的・主体的な行動に取り組むという意味を込めて、つくられました。
「誠実な企業活動を通じて、社会より支持を得る」
という理念を掲げています。

アイフルの事業内容

アイフルの事業内容は大きく分けて4つになります。
■ローン事業
■無担保ローン事業
■信用保証事業
■クレジットカード事業
となります。

アイフルのローン事業

ユーザーの資金ニーズに迅速に対応する事業の開発を行っています。
この事業はアイフルにおいてとても注力している事業となっており、アイフルを支えている1つの事業と言えます。

アイフルの無担保ローン事業

テレビやWeb広告等でおなじみなのが、この無担保ローン事業です。現在はCMやWebで有名女優さんを起用していますが、かつてはチワワを起用し社会現象になるまでの人気CMを行っていました。
広告宣伝や、無人店舗によく見られる商品がこの無担保ローンになります。

アイフルの信用保証事業

ユーザーの信用を調査する機能として、各金融機関からの保証審査の依頼を受けるのが主な事業内容になります。
これまで個人及び事業者の与信ノウハウと、独立系という強みを活かして金融機関のニーズに沿った与信の提供や新商品の提案を行っています。

アイフルのクレジットカード事業

完全小会社のライフカードが行うクレジットカード事業になります。
アフィリエイト広告を積極的に実施し新規入会申し込み数を拡大しつつ、利用限度額の増額を推進しつつ事業を行っています。

アイフルの申し込み方法

アイフルでは、5つの申込方法があります。
■インターネット
■アイフルの店舗へ来店
■アイフルの契約ルーム
■電話
■女性専用ダイヤル

この5つの方法で借りることが可能です。

インターネットでの申込

インターネットの申込は24時間、いつでも可能です。審査結果についてはメール・電話の選択が可能となっています。インターネットでの申込はスグにできて、契約手続きまでできてしまうのでとても便利です。
審査や申込をインターネットで行ってから、アイフルの店舗や契約ルームで手続きすることも可能です。

アイフルの店舗・契約ルームへ来店して申込

全国に設置してある、アイフルの店舗にて申込が可能です。審査後にカードを発行し、それから借りることが可能となります。来店での申込には必要な書類がありますので、そちらもお忘れなく。

電話・女性専用ダイヤルでの申込

電話での申込みは、全部で3つあります。
はじめての申込をする方用専用の電話、女性が申込する際の専用電話、既に借りたことがある方が申込する際の専用電話、の3つがあります。はじめての方専用電話については9:00-21:00まで。既にかりたことのある会員様専用電話については9:00-18:00までとなっています。

アイフルへの返済方法

アイフルへの返済については全部で5つあります。下記のとおりですが、ATMやコンビニを利用して返済する場合は手数料が掛かってしまう場合があるので、ご注意ください。

■振込み
■口座振替(自動引き落としによる返済)
■アイフル店舗、ATM
■提携先のATM
■コンビニ

振込みでアイフルに返済する場合

金融期間の窓口やATMから返済することが可能です。振込先については、ご自身のマイページよりご確認ください。
金融期間からの返済は、振込み手数料が掛かりますのでご注意ください。

アイフルへの口座振替で返済する場合

借りたお金を自動的に引き出し金融機関に返す方法です。自動的にお金を引き落とすことによって返済忘れを防ぐことで
余計な金利を支払わなくて済みます。手続きに関しては少々、時間がかかりますが返済時を考えると、 非常にベンリです。

アイフル店舗・ATMで返済する場合

全国にあるアイフルの店舗・ATMで返済することも可能です。アイフル店舗については、営業時間等が店舗毎に異なるため
下記のお店検索にてご確認ください。アイフル店舗・ATMで返済を行う場合のメリットは、振込み手数料が一切かからないということです。

提携先のATMでアイフルに返済する場合

全国に設置されているATMからアイフルに返済することも可能です。ただし、提携しているだけであって、手数料がかかります。ある程度のコンビニから返済することができるので、返済期限ギリギリになっても返済できる!というメリットがあります。

■返済が可能な提携先のATM(コンビニ含む)
・セブン銀行
・イオン銀行
・三菱UFJ銀行
・西日本シティ銀行
・ローソンATM
・イーネット
・親和銀行

となっています。
ATMからの返済であれば、365日24時間いつでも返済することが可能です。

アイフルの事業内容、キャッシングの仕方・返済方法について、詳しくご説明しました。
より詳細な情報につきましては、下記をご確認ください。

基本情報
実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~18% 800万円 最短30分 最短1時間
WEB完結
もOK
総量規制 保証人 収入証明
対象 不要 原則不要
  • アイフルなら最短30分で審査完了。即日融資も可能
  • 初めての方は最大30日間利息ゼロ
  • ご利用限度額が50万円以下、かつ他社を含めた借入総額が100万円以下の場合、収入証明書原則不要。運転免許証(交付を受けていない方はその他身分証明書等)で本人確認も簡単です
  • アイフル店舗の他、銀行・コンビニでの返済も可能
  • 「配達時間えらべーる」で誰にも知られずカードを受け取れます
※夜の21時以降に申し込んだ場合は、審査結果が出るのは翌営業日になります。
※アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合、収入証明原則不要となります